引っ越し 見積もり

新生活を始める際の大きなイベントと言えば?
「引越し」ですね。
このサイトでは業者への見積もり
クロネコヤマトやサカイやアートなどの
大手引越社や引越し業者の
費用の目安や料金相場などを
簡単に比較し価格を安くする方法やコツ
など
を知る上で便利な一括見積について簡単に紹介したいと思います。

下記のランキングは
一括で大手引越社や引越し業者に
見積もり依頼できる便利サイトを紹介してます。
のでご参考ください。

1位 引越し価格ガイド

一括見積もりは【こちら】

提携業者:全国200社以上
厳選最大10社に無料で簡単見積もり!
これまでのご紹介件数:1890万件以上
※2015年11月現在。
◎最短1分で完了(料金相場もわかる)

一括見積もりは【こちら】

2位 HOME’S引越し

一括見積もりは【こちら】

全国100社以上の提携会社
HOME’Sだけの提携業者特典多数!
(一例)単身者向けの「赤帽」など
最短45秒で完了

一括見積もりは【こちら】

3位 引越し侍

一括見積もりは【こちら】

提携業者:全国230社!
口コミ件数多数。
厳選最大10社に無料で簡単見積もり!
最短1分で完了

一括見積もりは【こちら】

4位 ズバット引越し

一括見積もりは【こちら】

厳選業者:220社以上
厳選最大10社に無料で簡単見積もり!
最短1分で完了

一括見積もりは【こちら】



ランキング1位の引越し価格ガイド
ランキング3位の引越し侍
ランキング4位のズバット引越し

※利用者の多い順にしました。

おすすめです。

ある程度安い引っ越し業者を把握されている方

ランキング2位 HOME’S引越し
おすすめです。
※ご自身で引っ越し屋を選んで見積もり依頼可能です。

まず、各業者の費用の目安や
料金相場を把握するために
大手引越社や引っ越し業者に
一括で見積もり請求しましょう。

1社1社の大手引越社や引っ越し業者
に電話などで依頼するのは面倒で時間効率が良くないので
無料で使えて、便利な
引っ越し業者に一括で見積もり依頼できる便利サイトを
使うと時間短縮できるのでおすすめです。


良い引越社や引っ越し業者を見抜くためのポイント


①きちんと認可を受けているか?

引っ越し業者は国土交通省の認可が必要です。
「緑ナンバー」のトラックで営業し
契約の際には「標準引越運送約款」
を採用している業者を選びましょう。
※万が一、違法業者と取引すると、面倒な事になるので。

②評判や口コミはどうか?

料金・電話・当日スタッフの対応等の評判や口コミ
を見積もりする前にチェックしておきましょう。

③料金が明確か?
後に詳しく書きますが
「運賃(距離)」「実費(スタッフ)」「サービス(オプション)」など
により料金は決まります。

きちんとした引越社や引っ越し業者であれば
前金・内金・手付け金などを要求される事はありません。

全ての作業が終わった後、お支払いとなります。

④商談・打ち合わせ・アドバイスは適格か?


おもに、営業マンで変わってきますが
見積もり依頼し、引越し当日にトラブルが起きないように
事前に綿密な打ち合わせをしてくれる業者が良いでしょう。
特に、料金(オプションなど)の追加などが発生しないように
してくれる営業マンの業者が望ましい。

上記を踏まえて
引越社や引っ越し業者に
一括で見積もりされると良いかもしれません。


引っ越し業者

上記の記事などで
評判・口コミなどについて簡単に書いてますので
ご参考になればと思います。

(以下、参考までに)
引越しの料金及び相場は、
走行距離に比例して相場は不安定になると
肝に銘じてください。

並びに、積み荷のボリュームでも割と乱れますので、
極力、トラックに乗せるもの体積を縮小させることが大事です。

大抵は、近距離の引越しの見積もりを頼まれると、
とりあえず高額な値段を言ってくるでしょう。

そうして、支払いが難しいと明かすと、
小出しに当初の見積もりから
割引率を上げていくというような展開が
標準になっています。

よく広告を見かけるような業者を例にとると、
家財道具を大切に移動させるだけではなく、
持ち込む時の床などの保護も徹底しています。

インターネット回線の用意は、
引越す家を準備できた後に、
入居中の自室の管理者に
転出日を知らせてからが最適だと思います。

要するに引越しを望んでいる日を
4週間後に控えたあたりと覚えておきましょう。

引っ越し 準備


上記の記事で必要な準備等を書いてますので
ご参考ください。


意外と、単身者の引越しは、
運送品のボリュームは小さいので、
引越しだけ実施している引越し会社ではなく、
軽貨物運送の業者でもしっかり行えるのが持ち味です。

分かりやすくいうと赤帽というスタイルがあります。

引越し 見積もり 一人暮らし 相場

相場を知りたい方は上記の記事が
参考になればと思います。


稼働スタッフの仕事量を仮に決めておいて、
見積もりを作成する手順が一般的です。

しかし、引越し業者を見てみると、
作業に費やした本当の時間を記録したあとで、
時間単価で算段する仕組みも採用しています。

自力で引越し業者を見つけなければいけないときに、
イライラしやすい方等、
たくさんの人に散見できることが、
「1個の業者とだけ見積もりや
 料金について話し合ってしまう」
という形態です。


言わずもがな「大安」などの不吉でない
とされる日取りは評判が良いので、
見積もり段階で費用が高めになっています。
時期(曜日・時間)も料金が変わってきます。

引っ越し見積もり時期

引越し業者によって
月日による料金設定はまちまちですから、
最初に訊いておいたほうがいいです。

就職などで引越しすることが決まったら、
さしあたって、
手間いらずの一括見積もりに申し込んで、
大雑把な料金の相場くらいは
簡単でいいから知っておきましょう。


近距離でない場合は、
特に、全員引越しの一括見積もりサイトを試してみましょう。

引越し業者に拒否されないエリアか、
及び合計いくらで引越しできるのかなど
の内容を短時間で把握できます。

もちろん、
引越社や引っ越し業者のコンテンツや
料金の比較を
完了させないうちに頼むことは、
価格折衝の司会を引越し業者に
勝手にもたせているのとなんら変わりません。

小さくない引越し業者、
若しくは料金が多めにかかる業者は、
サービス精神や仕事の精度等は、
レベルの高いところが
多数あると理解してくださっても結構です。

料金と人間力、真にどっちが必要なのか?

を見積もり前でも後でも良いので
クリアにしておいたほうがいいです。

運搬物が大量ではない人、
単身赴任で自分の荷だけ持っていけばいい人、
引越しする新しい家で、
重いダイニングセットなどを検討するはずの人に人気なのが、
気軽な引越し単身パックではないでしょうか。

引越し業者の比較


必ず行わなければなりませんが、
額面だけを比べるのではなく、
受付の対応や無料でエアコンを設置してくれるかどうか、
荷造り用の段ボールに料金はかかるのか?

といった条件も、
基本的な比較の検討対象ではないでしょうか。

独身など移送する物のボリュームがさしてない
引越しを計画中なら単身パックに決めると、
引越し料金をかなり抑制できるんですよ。

あわよくば、
単身の方ならば2万円以下で引越しできることもあります。
荷物の運搬だけなら1万円をきるケース
もあるのです。